top of page
アクアサニターロゴ.png
水

微酸性次亜塩素酸水
​アクアサニター

アクアサニターは水道水に次亜塩素酸を含んだ殺菌(除菌)水です。水のように気軽に使えて、しっかり殺菌・除菌にできます。​次亜塩素酸の強い殺菌力と安全性で毎日の衛生管理をしっかりサポートします。

洗面所の掃除

洗面所の掃除

洗面所やトイレの衛生管理に。水ぶきする代わりにアクアサニターを使えば、お掃除と衛生管理が同時にできます。

医院

医院

加湿器による空間衛生対策。机やドアノブ等、不特定多数の人が触れる物の衛生管理に使われています。

待合室

待合室

椅子、椅子の手すり、診察室のドアノブなどの衛生管理に活用されています。

床掃除

床掃除

床のお掃除にアクアサニターを使って掃除と足元の衛生管理を一緒に。 小さなお子さんや、動物は大人よりも床に近い場所で生活しています。見落としがちな床の除菌をお掃除ついでに手軽にできます。

応接室

応接室

人と接する応接室の空間衛生対策に使われています。 ソファや机、タブレット端末やリモコンなどの衛生管理にも活用の幅が広がっています。

「次亜塩素酸」

​それは本来、ヒトの内側にしかない成分

知って安心キャッチコピー.png

次亜塩素酸の殺菌力を身体の内から外へ

アクアサニターは、ヒトの好中球が病原性微生物から身を守るときに作る「次亜塩素酸」という成分を電解という方法で作りだし、
それを水道水の中に入れた「殺菌力を持つ水」です。

ヒトという種が存続していくうえで大切な役割を担う成分の1つである次亜塩素酸。
この成分の持つ強い殺菌力を、
人の外側でも活用できるようにした水がアクアサニターです。
​     
出展:「好中球における次亜塩素酸合成機構の解明」(藤井浩、上原記念生命科学財団研究報告集、2018年)

「アクアサニター」

水と次亜塩素酸だけの次亜塩素酸水

知って安心キャッチコピー.png

​アルコールフリー

塩不使用

次亜塩素酸

ナトリウム不使用

安全な次亜塩素酸水で衛生環境を守る

アクアサニターは水道水の中に「次亜塩素酸」が入った除菌力を持つ水です。
水道水由来のミネラルと次亜塩素酸だけの使いやすい除菌水で、
普段から水と同じ感覚で使う事ができます。
生活環境に潜む菌やウィルスを減少させ、
身体の中に病害性微生物が侵入するリスクを減らし、
安全で快適な生活のサポートをします。

効果
- Bacteria Elimination -

一般的な細菌、エンベロープウィルス、ノンエンペローブウィルスに対して除菌効果があります。真菌、糸状菌、芽胞菌にも種類によっては使用方法(有効塩素濃度・温度・時間)によって除菌効果を得られます。

1

目的
- Prevetion -

​身の回りの菌やウィルスを除菌する事で、病害性微生物やウィルスによる感染症のリスクを減らします。
​装置から生成されたアクアサニターは、食材の殺菌に使えるため食中毒の予防にも役立ちます。

2

​安全性
- Safety Evidence -

・水道法試験
・食品衛生法飲用試験
​・微生物を使った変異原性試験
​・マウスによる急性毒性試験
・マウスを使った90日間投与
 亜急性毒性試験
​・ウサギを使った眼性刺激・
 皮膚刺激性試験

 

3

素肌に優しいpHで最も効果的な塩素濃度

次亜塩素酸イオン(ClO-)に比べて

80倍の除菌効果があるといわれている次亜塩素酸(HCLO)は、
pH5~6付近で最も割合が高く、
これに適合しているアクアサニターは、高い除菌効果を発揮します。
人の素肌のpHは4.5~6.0でアクアサニターのpHに近く、​人の肌にも優しいpHです。

​参考文献)農業生産技術管理学会誌16(1):23-27,2009​次亜塩素酸ナトリウム希釈水の最適殺菌濃度と殺菌機序に関する基礎的考察

人の肌に優しいpH

酸度分布_edited.jpg

最も​効率的な塩素濃度

水溶液中の次亜塩素酸の比率はpHによって変わります。

次亜塩素酸の含有率が高く、殺菌効果も高い。

塩素臭がする

​錆びやすい

殺菌力が少ない

​←      次亜塩素酸水      →

​←次亜塩素酸ナトリウム→

pHは7が中性

水溶液のpHが低くなるほど次亜塩素酸の比率は少なくなり、代わりに塩素(Cl2)が増えます。塩素は塩素臭やサビの原因になります。

pHが中性に近くなるpH5~6.5で水溶液中の次亜塩素酸の比率が最も高くなります。

※次亜塩素水は酸性領域の水のため、アルカリ性の次亜塩素酸水はありません。アルカリ側で次亜塩素酸を含む水溶液は「電解次亜水」または「次亜塩素酸ナトリウム」という別の水溶液を指します。

まるで水

だからこそ価値がある

キャッチコピー2.png

もっと身近に感じてほしい

アクアサニターは無色透明の液体で、
わずかに塩素のにおいが感じられるのが特徴の水です。
高い除菌効果が知られており、
食材への利用には殺菌料としても認可され、
多くの食品加工工場では一般的に利用されています。
水道水とほぼ同じ感覚で使える優しい水で、
汎用性が高く活用の幅も工夫次第。
水道水を使用しているシチュエーションの多くは
アクアサニターを代わりに使う事が出来ます。

例えば手洗い

​水道水感覚で手を洗う事ができ、手荒れしにくく(水道水と同程度)汚れと細菌が効果的に減少します。

例えば加湿器

加湿器とは、水を何らかの方法で気化させ空間の湿度を上げる(保つ)機器です。一般的には水道水を使用しますが超音波式加湿器・気化式加湿器であればアクアサニターを使う事も出来ます。アクアサニターを使う事で加湿器の中が除菌され、空間に菌を噴霧してしまうリスクが減り、快適な空間を維持できます。アクアサニターを加湿噴霧に利用することに関して​安全性に問題はありません。
2024年3月25日に機能水研究振興財団のHPに次亜塩素酸水を用いた空間浄化に関する研究と評価を行った指針第一版が公開されました。併せてご参照ください。
機能水研究振興財団空間噴霧:次亜塩素酸水(電解水)を用いた空間浄化に関する指針第一版(安全性情報編)

​例えば食材

アクアサニターは食材を洗う事にも使えます。
流水で使用するアクアサニターは食材の殺菌を目的に使用することができます。食材を傷めず洗浄殺菌でき、各種の食中毒細菌やアルコールが効きにくいノロウィルスにも有効です。

 

例えば花瓶の水

花瓶の花の水にアクアサニターを使う事が出来ます。
​水の中の菌が増えにくく、菌による切り花の切り口が痛みにくく、花の鮮度のもちが良くなる傾向があります。

例えば拭き掃除をする場所全般

水ぶきする水の代わりにアクアサニターを使う事が出来ます。
洗剤を使って掃除した後の仕上げや、机を拭くとき・ほこりを取るときにアクアサニターをスプレーしてからふき取るなど使い方はさまざまです。革製品も痛めにくいので、ソファやバッグなどの衛生管理にも手軽に使えます。

​例えば掃除用具の衛生管理

掃除用具の衛生管理にアクアサニターを使う事が出来ます。
雑巾を水洗いする代わりにアクアサニターを利用したり、掃除機の吸い込み口のパーツの衛生管理にも使えます。※もともと水をかけてはいけない場所への使用はお控えください
​不衛生な掃除用具では「掃除」はできても「衛生管理」は難しいので、いつもキレイにしておくのが良いです。

例えば洗濯物のイヤなにおい

​洗濯物の生乾きのニオイの原因は菌が原因。増菌したタオル・衣服をそのまま洗濯機に入れると、洗濯機内の菌の増殖を促すことにもなり、菌によるいやなニオイの悪循環が起きてしまいます。
本来、衛生管理は洗浄してから除菌(または殺菌)が鉄則ですが、洗濯の際はアクアサニターで衣類の菌を減らしてから洗濯するのも効果的です。また、洗濯する前に洗濯機に一定量のアクアサニターを入れて脱水、それから洗濯をすることも洗濯ものの菌を減らす効果が期待できます。※染物への使用はお控えください

例えば盆栽のお手入れや家庭菜園での活用

​アクアサニターは特定農薬(人・家畜・環境に対して害がなく、かつ農薬としての効果が認められるもの)として認可されています。農作物の病害抑制も期待されます。
​※きゅうりのうどんこ病・トマトの灰カビ病の抑制が認められています。

知って安心キャッチコピー.png

よくある質問

「アクアサニター」

質問や疑問を解決
安心してお使いください

アクアサニターロゴ.png

次亜塩素酸と聞くと、
どんなものかな?安全なものかな?
と不安を感じる人がいるかもしれません。
より安心してアクアサニターを使う事が出来るよう
8つのポイントをご紹介いします。

005.png

アクアサニターってなんだろう

アクアサニターは99.998%の水道水に0.002%~0.004%(20~40ppm)の次亜塩素酸が入った水です。
​次亜塩素酸には強い殺菌力があり、食材の殺菌、物品の除菌、効果的な手洗いなどに活用されています。

次亜塩素酸ってなに

次亜塩素酸はヒトのからだの中にある好中球(白血球の1種)が、身体の中に入ってきた菌やウィルスを殺菌する時に作る物質の1つです。ひとの免疫システムで重要な役割を果たしている次亜塩素酸は、菌・ウィルスに対してはっきりと殺菌活性があることが知られています。次亜塩素酸は自然界には存在せず、化学薬品として次亜塩素酸ナトリウム水溶液の一部分に含まれています。
 

次亜塩素酸ナトリウムってなに? 

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、次亜塩素酸ナトリウム(固形)が溶けている水です。
水に溶けた次亜塩素酸ナトリウムは5~10%の次亜塩素酸を作ります。
たとえば次亜塩素酸ナトリウム6%の水溶液であれば、
その水溶液の中身は下記のようになります。

 水:99.4%
 次亜塩素酸ナトリウム5.7%
 次亜塩素酸0.3%

次亜塩素酸ナトリウム自体には殺菌効果はなく、
0.3%の次亜塩素酸が殺菌力の正体です。

 

水みたいにみえるけど、本当に殺菌してるのかよくわからなくて心配。

次亜塩素酸そのものの殺菌活性(殺菌力)は多くの試験・検証で実証されています。その結果、食品添加物の殺菌料に「次亜塩素酸水」として認可され、また、農水省・環境省からは「特定防除資材」としても認可されています。

加湿器に入れていいの?

アクアサニターは超音波加湿器に入れて空間噴霧することができます。
​安全性に問題はありません。(1 マウス急性毒性試験 (2反復試験

 

飲んでも大丈夫って本当?

飲んでも身体に害はありません。
アクアサニターは厚生労働省の定める水道法における飲料適の範囲内の水溶液です。
しかし、主目的を殺菌・除菌としていますので飲用用として販売はしていません。

 

ものが錆びたりしないか不安。

錆びは発生しますが、程度は水道水と同程度です。

次亜塩素酸水っていろんなものが市販されていてどれが良いのかわからない。

特にこれが一番いい!ということはありません。

全ての次亜塩素酸水における共通部分は「次亜塩素酸」で殺菌・除菌する水であることです。そのうえで、製品に表示されている4つのポイントを理解して選択するのが良いです。

POINT1:次亜塩素酸の濃度(高い方がいいわけではありません)
POINT2:pH
POINT3:次亜塩素酸以外の成分が入っているか
POINT4:認可があるか、または、認可されたものと同じグレードであるか

例)アクアサニター(食品添加物殺菌料・10Lと1Lは食品添加物殺菌料同グレード)
  水+次亜塩素酸+水道水由来のミネラル

例)次亜塩素酸ナトリウムをpH調整剤(塩酸など)で調整したもの
  →水+次亜塩素酸+次亜塩素酸ナトリウム

例)ジクロロイソシアヌル酸を水に溶かしたもの
  →水+次亜塩素酸+イソシアヌル酸

例)次亜塩素酸ナトリウムをイオン交換樹脂に通したもの
  →水+次亜塩素酸+次亜塩素酸ナトリウム

市販の次亜塩素酸水の容器には製法を細かく記載されたものは多くありません。

製法を記載している、またはホームページ等で公開されている情報をもとに、自分の生活スタイル(周りにどんな人や動物がいるか、どんな環境か)を考慮して選ぶことが大切です。
 

製品ラインナップ

作って使うアクアサニター
生成器と各生成器の電解液

​※白文字は表示単位当たりの価格です

まずはお試し
アクアサニター充填品

一部ネット販売で消費期限の残り少ないものが安価に販売されております。

ご購入の際は、消費期限にご注意ください。

​※白文字は表示単位当たりの価格です

アクアサニター専用ボトル(ボトルのみ)

アクアサニターその他商品

出典文献

bottom of page